自宅サーバの紹介

『至高のブログ』は、自宅に構築したサーバから公開中。
サーバ機のスペックは以下の通り。

  • マザーボード/CPU
    ASRock N3150-ITX/Intel Quad-Core N3150
    先日までC60M1-Iを使っていたが流石に非力だったので思い切ってリプレース。
    重たいWordPressもストレスなく動くようになった。
    ファンレスマザーだが、ケースFANだけでは室温28℃程度であってもCPU温度が50℃に到達することもあった。
    24時間稼働のサーバーなのでもう少し低い温度に抑えるため、ヒートシンクに風が当たるようファンを追加したところ、32℃~38℃くらいで推移するようになった。
  • メモリ
    4GB
  • ケース
    LIANLI PC-Q07
  • HDD
    Mtron SSD 2.5インチ SATA 32GB
  • 電源
    ACアダプタキット(60W)
  • OS
    FreeBSD 10.1-RELEASE
  • 回線
    ADSL 24Mbps(契約は40Mbps)
    収容局から約1.5kmの距で、12Mbps程度でリンク。
    さすがに40Mbpsモード接続だとリンク切れが多く、リンク速度も15~16Mbps程度しか出ないので24Mbpsモードで使用中。
    未だにADSLなのは、光に比べて安いから。
    これだけの速度が出れば、普段使いでは特に不自由もなく、高い料金払ってまで光にすることもないと思うが、2016/6にはフレッツADSLの新規受付が終了するとのこと。直ちにADSL廃止ということにはならないだろうが、そろそろ光に変える頃合いなのかも。